猫のように生きたい‼

猫のようにゆるく生きたい44歳のオッサンが、いろいろとゆるく語りたいなと思っております。

お疲れ高校球児

f:id:yu7a02110612:20190614180024j:plain

最近、夜間徘徊という名のウォーキングに出るのが日課です。21時くらいから黙々と1.5時間くらい。体調はかなり元に戻りつつあります。仕事から切り離されているし、自室の窓に遮像カーテンを付けたので、隣の実家から自室の様子を伺えなくしたことが、気持ちを楽にさせているのだと思います。

写真は自宅近くの某私立高校の様子。夜10時近いというのに、野球部が甲子園目指して毎日遅くまで練習やってます。灯が消えるのがだいたい10時過ぎ。1年生辺りは毎日午前様ではないでしょうか。おつかれ高校球児・・・

思えば、自分の20年も高校球児のようにすべてを犠牲にしてやってきた感はあります。やりたくもないことに。ただ生活のためだけに。土日も夜も関係なく残業手当なんてつかないのに。公務員なんで仕方ないといえばそれまでですが、今の役職に昇進して10年、適応障害を患って10年。おまけに自律神経までおかしくしてますから、今回の1か月休養で、不整脈(これはもう軽い心肺停止)とか不眠とかに悩んでまで、今の仕事を続ける意味を見失ったわけです。

今、これからどのように生きていくか、いろいろ勉強中です。またお話できればと思っています。

f:id:yu7a02110612:20190614182402j:plain

 

44歳になりましたが・・・

f:id:yu7a02110612:20190612172108j:plain

今日は44歳の誕生日です。が、上司同伴で心療内科の再受診でした。

当初の診断通り、あと2週間の休養となりました。同僚にたいする申し訳なさの一方で、「どの面下げて」仕事に行ったらよいのか、よくわからないのですがと質問したところ、医師から「まだ職場復帰できる感じではありませんよ」と一言。上司も納得の様子でした。身体はまあまあ元気なんですが、精神面で問題があるそうです。

「とにかく外に出なさい」とのアドバイスをいただきました。全く出ないわけではないのですが、毒母が待ち構えているようで、イマイチ外に出る気にはならなかったわけですが、写真にしろ模型にしろどんどんやって仕事を忘れなさい、とのことでした。

上司も「今は仕事を忘れなさい。特別の用件でない限り、こちらから連絡はしない」との言葉もいただきました。

「開き直りも芸のうち」ですね。バカンスだと思ってしっかり養生しようと思います。


 

明日、再診察を受けます


f:id:yu7a02110612:20190611203922j:image

明日、再診察を受けます。もれなく上司も一緒に。

二週間休養しましたが、一度発症するとダメですね…前回より悪い感じがします。二十年分の違和感が吹き出てしまったので、心身共に仕事を継続するのは難しいと考えてますから。ただ、仕事しながら症状の緩和を目指すといったところでしょうか。

職業と毒母と。今日バイクで出かけてみたのですが、塀越しに何か不満を言ってましたがヘルメット被っていたので何も聞こえません(笑)こういう開き直りが大事なんでしょうね。


辞めようと思うに至ったわけ


f:id:yu7a02110612:20190607215152j:image

オイテカナイデヨ

体調不良はだいぶ良くなりました。相変わらず隣の毒母から監視されてる感はありますが…気のせいだと信じたい。

公務員からの転職・起業ということで、様々なサイトやブログを見ております。

共通する点として、

 ○ 内部の人間関係に嫌気が差す

 ○ 外部からのバッシング

 ○ やりがいを感じない

 ○ 将来に対する不安

などがあります。

 私の世代は就職氷河期だったので、同じ世代には優秀な人は多い。しかし、前後の世代はひどい。上の世代はワークワークバランス、下の世代はライフライフバランス。どちらの世代もパソコンがダメ。一太郎をワードに切り替えるだけでパニック状態。本を買いなさいスマホで調べなさい勉強しなさい…。  

 外部からのバッシングは、もう公僕は人に非ずのレベル。反論は許されない。「ウチも生活苦しいけど公務員よりマシ」「決して報われない人たち」同窓会で言われた言葉です。実際バッシングでメンタルやられる若手が多い。

 やりがいはありません。「何もないことが一番の成果」。何か新しいことを企画するとかはなく、業務は常に内向き。裁量はなく、上の気まぐれと忖度でスケジュール通りに業務は進みません。

 将来もどうなるか分かりませんよね…。今の部署に異動になってから年収は100万減。今後、上がることはまずありません。年金はご存知のとおりですし。

 そして適応障害がきました。慢性化とまで言われました。20年、ホントの気持ちを隠したまま生きてきました。家族に心配かけたくないから。辞める勇気がなかったから。毎年少なからぬ割合で若い人が辞めていくし、どこの職場にも休職している職員がいます。結構な割合で。その休職している職員を「キ○ガイ」のように扱い、組織一体となって退職に追い込む様を見続けてきました。「ああいう風になりたくない」と。

今、自分が「ああいう風になりたくない」と思われているわけです。

今後、どう生きていくのか、思案の日々は続きそうです。

 

 

人生をリセットするぜ・・・

突然の休養ということで、人生あれこれ考えてみました。

いろいろ迷うことの多かった人生ですが、もう我慢はやめようと決めました。

現在の職業しかり、実母との関係しかり。

一度きりの人生ですから、65まで老後のためだけに合わない仕事はやめようと決めました。しょぼくてもいいから、やりたいことで食っていこうと決めました。

自分の人生をプロデュースしたがる実母との関係も見直そうと決めました。過干渉で支配的な母を自分たち夫婦の生活からいかに排除するか、長い戦いになるかもしれません。

いままで心配をかけたくない一心で、言いたいことも言わず、自分に嘘をついてきた人生をサヨナラします。

再来年の春までに、夫婦でしっかり準備して、新しい一歩を踏み出します。

f:id:yu7a02110612:20190605175626j:plain

彼のように自由に、そして自分の気持ちを大事に生きていきます。

f:id:yu7a02110612:20190605175650j:plain

カッテニトッテンジャネエ!!